地域からのアドバイスのページ   トップへ

 このページには、地域からいただいたアドバスを掲載いたします。
 東中学校のために、たくさんのご報告、ご連絡、ご忠告などをありがとうございます。

日付 内容 その後の対応や処理等 
H30.10.5
金曜日
封書到着 
封書の内容をそのまま記載します。
「校長先生殿 
 突然のお手紙、匿名希望で大変申し訳ありません。 
 ぶしつけですみませんが、私は、踊ることが大好きです。
 ぜひ、ダンス部をつくって下さい。お願いいたします。匿名希望」
(新岩槻局 10.3 18-24 の消印)
 本校の関係者なのかとは想像できますが、匿名希望とあり、ご本人様のご住所、お名前等判りませんし、また、本校の関係者かどうかも不明のままですから、お答えの必要はないと判断します。

 しかしながら、せっかくお手紙をいただきましたので、東中の考え方をお伝えします。
 部活動は、基本的に次のようなものであると考えます。
1 自分の好きな運動や文化的活動を行う機会として、貴重な教育機会であると考えます。
2 教育の機会ですから、学校として責任を持って部活動の設置を考えています。
 それには次のような要件が必要であると判断しています。
 (1)生徒数に対する部活動の数が適切であるか。多くもなく少なくもなく。
 (2)教員が受け持てる数の部活動設置数であるか。
 (3)同好の生徒がどのくらい集まって活動できるか。一人二人では、設置が難しいこと。
 以上の要件を中心にして考えます。
  今、現状の部活動数が本校には適切ではないかと判断しています。むしろ、顧問をする教員の数が足りないくらいであると考えます。
 したがいまして、現状ではこれ以上の部活動の設置は難しいと判断します。

 ただし、今後、部活動を学校と地域社会との中間的存在として認識が高まっていけば、余暇を多くの生徒たちが善用できるように、様々なクラブ等が設立可能になるのではないかと考えています。
H30.10.4
木曜日
20:12
メールにて
 
メールの文面をそのまま掲載します。
「本日午後6時少し前、セブンイレブン八丁目店周辺で東中の生徒たちの自転車にあきれた。せめて左側通行は守らせてください。」
(坂井 様 というメールのお名前でした。) 
1 10月5日(金)全クラスで、自転車通学者に学級担任から、先に述べたような メールでの訴えのあったことと、これまでの指導通り、自転車での通学については、交通法規を守ることを指導しました。
2 同日夕方、下校時刻ごろご指摘の箇所に、教員を巡回させました。
3 交通安全指導を必要に応じて今後もくり返し行っていくことを、生徒指導主任や安全教育担当者と確認しました。
H30.07.13
金曜日
8:10
直接
校長に
抗議 
 詳しくは、「東中の今日」の「緊急連絡をお読みください。
 学校手前の私道での車のUターン禁止がまだまだ守られていません。

1 サイトへの掲載
2 全教職員への依頼
3 今学期の保護者会での連絡
H30.07.02
月曜日
18:30
電話 
春日部の大踏切で、遮断機が下りてしまった場面に出会った東中男子生徒2名が、踏切に戻って、自転車を持ってくれたこと。
(八丁目にお住いのIさんから感謝のお電話です)
 
1 本サイトに掲載
2 『よさ・とりえ』新聞に掲載
3 担任からクラスへ、顧問から部活動に報告し、みんなでよさを称えます。 
H30.07.04
水曜日
午前中
電話 
ハチの大量発生による危険性
場所:幸松小及び倉松公園に近い樹木

(少年を守る会のメンバーのかた)
1 教頭がすぐに現場確認するも、場所の特定までには至らず。
2 帰りの会で各担任から次の指導を行いました。本日は期末テストなので、給食後下校です。
(1)地域からの情報(左記内容)
(2)対処方法:近寄らず、場合によっては別の道を通行すること。 
H30.06.20
水曜日
17:00過ぎころ
電話 
エンゼルドーム付近の細い路地で、下校中の女子中学生が横に広がり、自動車が通れない状況でした。 危険なので注意してほしいと連絡しました。
(車を運転されている方で、お名前は名乗られていません。)
1 本日の朝の教職員打合せで、安全教育主任から電話の状況等の連絡。=全教職員で情報共有。
2 本日の学級活動(帰りの会)において次の指導を行う。
 (1)横に広がっての下校は危険です。車の通行の邪魔をすることになります。
 (2)交通安全に気をつけて、登校下校してください。
 (3)集団での行動は、周囲への配慮が必要です。声の大きさ、歩道にはし出すこと、おしゃべりに夢中になる等です。お友だちどうしで注意し合うようにしましょう。
 H30.04.22
日曜日
18:00~
19:00
電話
湯楽の里に近い交差点での一時停止無視
東中女子生徒4名に注意したが、笑っていってしまった。
(お名前を名乗られてはいません。) 
1 鑑札番号が明確なので、個別指導を行います。
2 同じようなことが継続されるようならば、該当者への自転車通学許可の停止も考えます。
3 保護者会で訴え、交通事故防止の指導を継続してまいります。
4 4/23(月)17:20ごろ、生徒指導主任の巡回パトロール実施。
5  同日 18:00過ぎ、第2回目の巡回パトロール実施(生徒指導主任・教頭)

H30.04.20
夕方 電話 
仕事中に、私有地に止めてあった自分車に、自転車をぶつけられた
1 仕事中で建物のうえから見ていました。
2 自転車が倒れて、自分の車にぶつかった
3 白いヘルメット、ジャージに赤のライン(男子3名と女子)
4 生徒は、やばいよと言っていたが、建物から降りていって、「ちょっとまって!」声をかけたが、眼があっても行ってしまった。 
(お名前を名乗ってくださったかたです)
1 この日のうちに、管理職及び生徒指導主任への一報が入る。生徒への指導は月曜日に行うことを確認する。
2 本日4/23(月) 教職員の朝の打ち合わせで、情報を全教職員で共有。
3 朝の会で、担任から状況を説明し、申し出るように伝える。
4 全体の集まる避難訓練で全体指導。生徒自らが申し出て、謝罪に行けるように指導する。
5 保護者会でもこの情報を流し、協力を仰ぐ。 
H30.04.19
朝 
東中の鑑札のついた自転車の放置 
(YYパーク春日部から)
1 鑑札番号から該当者の割り出し(H29年度卒業生と判明)
2 卒業生のご家庭に電話連絡 
H30.04.18 
夕方
自転車一時停止無視による事故の危険性 
(アーバン・春日部に居住のかた)
1 当日の現場確認
2 公式サイトへの掲載(注意喚起)
3 朝の職員打合せ(4/19・木)で確認、共通理解
4 本日(4/19・木)に各学級で交通安全指導+該当者が名乗り出るよう指導を行う